足回りに異常がある場合

| 未分類 |

自動車を運転していて、足回りから異音を感じることがあります。
これは、何かしらの異常が発生している合図になります。
異常には様々な要因と原因がありますが、自動車の走行性能に関わる重要な部分ですので、注意が必要です。
主な以上の原因は、経年劣化によるダンバーのオイル抜けが上げられます。
ダンパーにはゴムで出来たシールによって注入されたオイルが抜けないようになっています。
しかし、年数が経つにつれそのゴムが劣化しヒビが入りその隙間からオイルが抜けてきます。
このオイル抜けが発生すると、ダンパーの性能が十分に発揮されなくなります。
また、ダンパーの潤滑作用にも効いていますので、オイル抜けが発生し十分な量に満たなくなってきたら、ダンパー内の摩擦が大きくなり、音が発生します。
これが、車内に響いて不快な異音につながります。
ダンパーはコーナリング性能や乗り心地に関するパールなので、オイル抜けを起こした状態では十分な性能が発揮される、最悪の場合にはコーナリング中の異常な姿勢変化による事故を誘発してしまう可能性もあります。
対策としては、ダンパーを新品に交換するかオーバーホールを行うと原因が解決します。
他の原因は、ボルト類のゆるみがあります。これは定期検査で発見できる要因です。