» 未分類のブログ記事

刺激臭がする場合

| 未分類 |

車から異臭、特に酸性の刺激臭がする場合はバッテリー内の電解液が過充電によって気化している可能性があります。発電周りの故障が原因です。通常、自動車の発電系統はオルタネーターで発電した交流電力をレギュレーターで直流に変換した後、電圧をコントロールしてバッテリーに供給されます。レギュレーターでは、過充電、過放電のチェック、電源の配線周り断線のチェックも行われています。そのため、過充電は通常であればレギュレーターが感知し、チャージランプを点灯させますが、チャージランプも点灯していないのであれば、レギュレーターの故障がうかがわれます。過充電状態になってしまうと、電解液が電気分解されて電極からガスが発生します。この時発生しているのは酸素と水素ですが、このガスに周りの電解液が巻き込まれて独特の酸性臭がします。また、発生したガスが水素と酸素ですから、充満すると引火爆発の危険性があります。そのため、速やかにレギュレーターを修理もしくは交換する必要があります。また、一度このような状態にバッテリーがなってしまうと、寿命を著しく短くしてしまいますから、レギュレーターを交換するのと同時に交換する事が必要となります。

ガソリン臭がする場合

| 未分類 |

 

車を長く使用していると、経年による劣化のため、様々な箇所に故障や不具合といった症状が現れることがあります。
これらの損傷は、放置しておくと重大な事故や被害を引き起こすことも少なくないため、不具合を見つけたら速やかな対処が必要となります。
また、こうした故障や損傷をできるだけ早く発見するためには、車を使用する前に各部のチェックを行ったり、定期点検を利用することが有効です。
車のトラブルの中で、ガソリン臭が漂っていることに気づくことがあります。
こうした症状は燃料系のトラブルの兆候で、深刻な事態を引き起こす可能性の高いものです。
燃料の臭いが酷いときは、フューエルタンクのパイプに亀裂などが起こっている可能性があります。
このパイプは樹脂で出来ているため、温度差などによって劣化が引き起こされやすい部分です。
そのまま車を使用し続けると、燃料が漏れ出したり、最悪の場合車両火災の原因にもなりかねませんので、適切な対処を迅速の行うことが重要です。
市販のテープなどで亀裂部分を補修しても、燃料によってすぐに粘着力が弱まってしまうため、専門の整備工場やディーラーなどに修理を依頼するのが確実です。
特に年式の古いクルマは、こうした各部の樹脂部分に劣化が起こっている可能性が高いので、入念な点検が必要です。

 

自動車は、人によっては通勤の足となる大切な乗り物です。
ただ、滅多な事では故障しませんしその整備もディーラーの人に行ってもらうことが常である為、
毎日乗っている人でも何かしらの異常があったとしても余程わかりやすいサインでもない限りは気付くことは殆どありません。
例えば、ゴムが焼けるような臭いがした場合がそれに当たります。
エンジンルームからそのような臭いがすると、オイル漏れによって付近のベルトにオイルが付着し、
それが異臭の原因となります。
またその異臭が下車した際、タイヤ付近からする場合もあります。
本来なら、走行距離が増えてきた時に擦り減ったりバーストしたり、
パンクをしてしまうといった以外には不具合が発生しにくいパーツなのですが、
極々稀にブレーキのディスクが固着してしまった場合にはかなりの高熱を発生させることがあり、
ブレーキ周りの熱がホイールを伝わっていき、結果的にタイヤが熱を持ち、異臭を発することもあります。
この対策として、ブレーキを交換することで直ぐに異臭はなくなります。
ただし、異臭を発する程の高熱を持たせてしまっている以上はタイヤにも少なからずダメージがありますから、
念のためブレーキ交換時には異臭がしたという旨も伝え、確認して貰うようにしましょう。

異臭がする場合

| 未分類 |

自動車を運転していて、通常走行では発生しない異常な異臭がすることがあります。
これは、主にエンジンの故障や電気系統の故障を意味します。
異臭にも様々なにおいがありますが、注意すべき匂いは焦げ臭いにおいです。
電気系統に異常が発生し、どこかの電気ケーブルでショートが発生し、発火し周囲のものを焦がして匂いを発生します。
通常、ヒューズと呼ばれるショートが発生し異常な電圧がかかると電気の通電を留める仕組みが備わっています。
この仕組みがうまく働かなかった場合に、ショートが発生し異臭を発生します。
この現象は、大変危険なものであり火災につながります。
すぐに路肩や安全な場所に停めてエンジンを止め火災が発生している場合には消火活動が必要です。
ガソリンに引火すると爆発を起こし大変危険です。
また、DIYで電気系統のパーツを取り付ける際に必要充分なヒューズを取り付けず、ショートの対策を講じていないと、振動などによりショートが発生し大変危険です。
このようなことが起こらないためにも、電気系統には十分注意し、少しでも異変を感じたらショップやディーラーで検査してもらう必要があります。
他にも原因は沢山ありますが普段と違う匂いがしたらすぐに検査が必要です。

足回りに異常がある場合

| 未分類 |

自動車を運転していて、足回りから異音を感じることがあります。
これは、何かしらの異常が発生している合図になります。
異常には様々な要因と原因がありますが、自動車の走行性能に関わる重要な部分ですので、注意が必要です。
主な以上の原因は、経年劣化によるダンバーのオイル抜けが上げられます。
ダンパーにはゴムで出来たシールによって注入されたオイルが抜けないようになっています。
しかし、年数が経つにつれそのゴムが劣化しヒビが入りその隙間からオイルが抜けてきます。
このオイル抜けが発生すると、ダンパーの性能が十分に発揮されなくなります。
また、ダンパーの潤滑作用にも効いていますので、オイル抜けが発生し十分な量に満たなくなってきたら、ダンパー内の摩擦が大きくなり、音が発生します。
これが、車内に響いて不快な異音につながります。
ダンパーはコーナリング性能や乗り心地に関するパールなので、オイル抜けを起こした状態では十分な性能が発揮される、最悪の場合にはコーナリング中の異常な姿勢変化による事故を誘発してしまう可能性もあります。
対策としては、ダンパーを新品に交換するかオーバーホールを行うと原因が解決します。
他の原因は、ボルト類のゆるみがあります。これは定期検査で発見できる要因です。

 

自動車は、エンジンで産み出したエネルギーをタイヤに伝えることで推進する仕組みになっていますが、タイヤに動力を伝えるための一連の動力機構を持っています。この動力機構のことをドライブトレインと言い、ギアやトランスミッション、ドライブシャフトなどが主に該当します。

自動車が走行するためには、必要不可欠な機構でもあるため、そこの異常は安全性などの面にも重大な影響をもたらします。そのため、その違和感や異常を見抜くための方法が異常音を聞くことです。

特に走行中などに通常の走行中とは明らかに違う「ゴー」というような低音を中心にして鳴り響き、その音の大きさも速度に比例して変化したりするのが特徴となっています。原因としては、ベアリング類の磨耗やひび割れ、もしくはパワステフルードが不足しているなどが主な原因となり、これについては整備士のみしか対応することができないため、速やかに自動車修理工場などで見てもらう必要があります。

現在では、技術が革新されており自動車のあらゆる部品や機構も異常を監視したりして、それを警告サインとして運転者に伝える仕組みを採用していますが、この動力機構の異常については異常音で気づくしか方法がない状態です。そのため自動車を保有されている方は、日頃の日常点検や定期点検が鍵を握ることとなっています。

 

排気に異常がある場合

| 未分類 |

自動車をきちんと整備して安全に運転することは所有者の義務です。少しでも異常を感じたらすぐに点検修理する必要があります。自分でも確認できる異常として異音があります。走行中に異音がしたら何らかの異常を疑うようにしましょう。
異音に気がついたらまずどこからその音が聞こえているかを確認しましょう。自動車の後方より異音がする場合はマフラーに異常がある可能性があります。マフラーが故障すると排気が正常に行えずエンジンまで故障が及ぶこともありますし、場合によっては走行中にマフラーが落下して後続車に危険が及ぶこともありますので、気づいたら必ず修理に出すようにしましょう。
マフラーが故障する原因として腐食があります。マフラーなどの部品はステンレスでできていることが多いです。ステンレスは他の金属に比べて耐食性が高いですが錆びないわけではありません。腐食によってマフラーが破損することで異音が生じることがあります。
マフラーの修理はエンジンやマフラーが熱を帯びた状態で行うことができませんので、走行中に異常を感じても冷えるまでは修理できません。そのため、日頃から異音がしてないか注意を払ったり、定期的に点検をして異常が発生する前に修理することが大切です。

エンジンに異常がある場合

| 未分類 |

車は、長年乗っていれば故障してしまうこともありますから、定期的なメンテナンスは行っておいたほうがいいです。特に、エンジンに何かがあると、素人ではどうすることも出来ませんから、そうならないためにも、ある程度の知識は頭に入れておいたほうがいいです。 良く、トラブルになると、異音がするといいますが、音によって故障箇所を突き止めることも出来ます。例えば、カンカンという金属音が出た場合には、冷却水が不足していると考えられます。このときは、水温計が上昇したり、油圧警告等が点滅することがあるので、そういったときには、すぐに車を停車させ、車はそのままにしてすぐに助けを呼びましょう。この症状のまま車を走らせていると、症状が悪化してしまう恐れがありますから、無理はしないほうがいいです。他には、アクセルを踏むとキュルキュルという音が出るときがありますが、これは、ブレーキパッドの減りが原因の場合があります。こんなときも、放っておけば直るとか、後で対処すればいいとか考えずに、すぐに車屋さんに持っていき、直してもらうようにしましょう。このように、音によって様々な症状が分かるようになっています。素人ではなかなか分からないことが多いですが、異音がしたときには何かのトラブルだと思い、原因を追究することが大切です。

異音がする場合

| 未分類 |

 

車に乗っていて異音がする場合は、大きな事故につながる前に原因を調べ、対処する必要があります。
異音が発生する場合、いくつかの原因が考えられますが、発生源はエンジン、排気系、ドライブトレーン、足回りが主な原因に挙げられます。
エンジンからの場合には、金属、ゴム、樹脂などの様々な素材の部品が使われている為、摩擦によるものやぶつかるような音やゴムが滑るような音まで様々あります。
排気系からの場合は、マフラーが破損して穴が開いていると排気漏れが起こり、普段よりも大きな音がします。
また、不完全燃焼という原因も考えられます。
エンジン、排気系からの場合には、走行に直結するトラブルが多いので、特に注意が必要です。
ドライブトレーンからの場合は、「ゴー」というような低く響く音が多く、速度に比例して変化します。
足回りは何種類かあり、路面の段差に合わせるように変化する場合には、サスペンションが関係しており、ブレーキを踏んだ時に発生するのであればブレーキが関係しています。
また、タイヤのメンテナンス不足によっても起こります。
走行中に「キンキン、カンカン」などの金属音がする場合はオーバーヒートの可能性があるため、周りの安全を確かめてエンジンを止め、再始動させずに救援を待つ必要があります。
アクセルを踏み込んだ時に「ゴロゴロ」という重い音がする場合は、走行を続けるとエンジンが破損する場合があるため、同じく周りの安全を確かめてエンジンを止め、救援を待つ必要があります。
他にもいろいろな異音がありますが、発生した場合には整備工場でしっかりと点検する必要があります。