自動車は、エンジンで産み出したエネルギーをタイヤに伝えることで推進する仕組みになっていますが、タイヤに動力を伝えるための一連の動力機構を持っています。この動力機構のことをドライブトレインと言い、ギアやトランスミッション、ドライブシャフトなどが主に該当します。

自動車が走行するためには、必要不可欠な機構でもあるため、そこの異常は安全性などの面にも重大な影響をもたらします。そのため、その違和感や異常を見抜くための方法が異常音を聞くことです。

特に走行中などに通常の走行中とは明らかに違う「ゴー」というような低音を中心にして鳴り響き、その音の大きさも速度に比例して変化したりするのが特徴となっています。原因としては、ベアリング類の磨耗やひび割れ、もしくはパワステフルードが不足しているなどが主な原因となり、これについては整備士のみしか対応することができないため、速やかに自動車修理工場などで見てもらう必要があります。

現在では、技術が革新されており自動車のあらゆる部品や機構も異常を監視したりして、それを警告サインとして運転者に伝える仕組みを採用していますが、この動力機構の異常については異常音で気づくしか方法がない状態です。そのため自動車を保有されている方は、日頃の日常点検や定期点検が鍵を握ることとなっています。