エンジンに異常がある場合

| 未分類 |

車は、長年乗っていれば故障してしまうこともありますから、定期的なメンテナンスは行っておいたほうがいいです。特に、エンジンに何かがあると、素人ではどうすることも出来ませんから、そうならないためにも、ある程度の知識は頭に入れておいたほうがいいです。 良く、トラブルになると、異音がするといいますが、音によって故障箇所を突き止めることも出来ます。例えば、カンカンという金属音が出た場合には、冷却水が不足していると考えられます。このときは、水温計が上昇したり、油圧警告等が点滅することがあるので、そういったときには、すぐに車を停車させ、車はそのままにしてすぐに助けを呼びましょう。この症状のまま車を走らせていると、症状が悪化してしまう恐れがありますから、無理はしないほうがいいです。他には、アクセルを踏むとキュルキュルという音が出るときがありますが、これは、ブレーキパッドの減りが原因の場合があります。こんなときも、放っておけば直るとか、後で対処すればいいとか考えずに、すぐに車屋さんに持っていき、直してもらうようにしましょう。このように、音によって様々な症状が分かるようになっています。素人ではなかなか分からないことが多いですが、異音がしたときには何かのトラブルだと思い、原因を追究することが大切です。