ガソリン臭がする場合

| 未分類 |

 

車を長く使用していると、経年による劣化のため、様々な箇所に故障や不具合といった症状が現れることがあります。
これらの損傷は、放置しておくと重大な事故や被害を引き起こすことも少なくないため、不具合を見つけたら速やかな対処が必要となります。
また、こうした故障や損傷をできるだけ早く発見するためには、車を使用する前に各部のチェックを行ったり、定期点検を利用することが有効です。
車のトラブルの中で、ガソリン臭が漂っていることに気づくことがあります。
こうした症状は燃料系のトラブルの兆候で、深刻な事態を引き起こす可能性の高いものです。
燃料の臭いが酷いときは、フューエルタンクのパイプに亀裂などが起こっている可能性があります。
このパイプは樹脂で出来ているため、温度差などによって劣化が引き起こされやすい部分です。
そのまま車を使用し続けると、燃料が漏れ出したり、最悪の場合車両火災の原因にもなりかねませんので、適切な対処を迅速の行うことが重要です。
市販のテープなどで亀裂部分を補修しても、燃料によってすぐに粘着力が弱まってしまうため、専門の整備工場やディーラーなどに修理を依頼するのが確実です。
特に年式の古いクルマは、こうした各部の樹脂部分に劣化が起こっている可能性が高いので、入念な点検が必要です。