異音がする場合

| 未分類 |

 

車に乗っていて異音がする場合は、大きな事故につながる前に原因を調べ、対処する必要があります。
異音が発生する場合、いくつかの原因が考えられますが、発生源はエンジン、排気系、ドライブトレーン、足回りが主な原因に挙げられます。
エンジンからの場合には、金属、ゴム、樹脂などの様々な素材の部品が使われている為、摩擦によるものやぶつかるような音やゴムが滑るような音まで様々あります。
排気系からの場合は、マフラーが破損して穴が開いていると排気漏れが起こり、普段よりも大きな音がします。
また、不完全燃焼という原因も考えられます。
エンジン、排気系からの場合には、走行に直結するトラブルが多いので、特に注意が必要です。
ドライブトレーンからの場合は、「ゴー」というような低く響く音が多く、速度に比例して変化します。
足回りは何種類かあり、路面の段差に合わせるように変化する場合には、サスペンションが関係しており、ブレーキを踏んだ時に発生するのであればブレーキが関係しています。
また、タイヤのメンテナンス不足によっても起こります。
走行中に「キンキン、カンカン」などの金属音がする場合はオーバーヒートの可能性があるため、周りの安全を確かめてエンジンを止め、再始動させずに救援を待つ必要があります。
アクセルを踏み込んだ時に「ゴロゴロ」という重い音がする場合は、走行を続けるとエンジンが破損する場合があるため、同じく周りの安全を確かめてエンジンを止め、救援を待つ必要があります。
他にもいろいろな異音がありますが、発生した場合には整備工場でしっかりと点検する必要があります。